下腹部の痛みを伴う腰痛

腰痛だけでなく下腹部にも痛みを感じたら

下腹部の痛みを伴う主な原因

下腹部の痛みの主な原因として、生殖器に関係するものと生殖器に関係しないものがあります。

生殖器に関係するものには、子宮外妊娠、子宮内膜症、中間痛(月経周期の中ごろに起こる、排卵による痛み)、骨盤内うっ血症候群(月経開始の約1週間前に起こる骨盤内の血管のうっ血)、卵巣嚢腫の大きいものや破裂やねじれ、骨盤内炎症性疾患、などがあります。生殖器に関係しないものには、虫垂炎、尿路感染症(膀胱炎など)、憩室炎、胃腸炎、潰瘍性疾患、炎症性腸疾患、腹部リンパ節の炎症(腸管膜リンパ節炎)、尿路内の結石(腎結石など)があります。

激しい痛みが突然生じた場合

骨盤部(下腹部から腰骨まで)の痛みのうち、激しい痛みが突然生じた場合、緊急手術が必要な場合があります。それは、虫垂炎、穿孔性潰瘍、大動脈瘤、卵巣嚢腫の茎捻転、性感染症による骨盤内の感染、子宮外妊娠(多くは卵管妊娠)などです。突然の激しい痛みは、専門医の受診をおすすめします。

骨盤内うっ血症候群・子宮筋腫

子宮内膜症

子宮内膜症とは、本来であれば子宮の内側にしかない子宮内膜組織が、それ以外の部位で増殖する病気です。しかし、非癌性で良性です。主な症状は、下腹部と骨盤部の痛みです。これらの痛みは月経周期とともに変化するのが特徴です。

骨盤内うっ血症候群

月経前や月経中におこる下腹部痛は、骨盤内の静脈が原因のことがあります。静脈が太くなって蛇行した部分に血液がたまって、骨盤内に静脈瘤が生じた状態のことを骨盤内うっ血症候群といいます。衰弱するほどの激しい痛みが出る人もいれば、症状が出ない人もいます。症状が出る人の場合、日中の長時間の座り続けや、立ち続けによって、夕方から夜にかけて痛みがひどくなり、横になると和らぐというのが特徴です。また、性交中や性交後も痛みが強く出ることがあります。腰痛、足の痛みの他に、月経やおりものの異常なども伴うことがあります。

子宮筋腫

筋肉と線維組織からできた良性の腫瘍を、筋腫といいます。筋腫が子宮にできた場合を子宮筋腫といい、女性の生殖器で最も多くみられる良性腫瘍です。大きさとできる部位は様々で、症状もそれにより異なります。腰痛と下腹部の張りが出る場合もあります。

尿路感染症・尿路結石・炎症性腸疾患

生殖器に関係しないものの中では、尿路感染症(膀胱炎など)、尿路内の結石(腎結石など)、炎症性腸疾患などが、下腹部に痛みを伴う腰痛の可能性がありそうです。

尿路感染症

膀胱炎や腎盂腎炎が、尿路感染症に含まれます。どちらも女性に多くみられます。下腹部の痛み、腰痛以外にも症状があらわれることがあります。

膀胱炎では、切迫した尿意が頻繁にみられたり、排尿時に焼けつくような痛みがあります。腎盂腎炎では、悪寒、発熱、吐き気、嘔吐などの症状を伴います。

尿路内の結石

尿路に形成される硬い固形物を、結石といいます。結石の位置によって、腎臓結石、尿管結石、膀胱結石などと呼ばれます。膀胱結石では、下腹部に痛みが生じることがあります。尿管や腎盂など尿が流れる管が結石ふさがれると、背中の痛みや腎疝痛がおこります。

炎症性腸疾患

クローン病と潰瘍性大腸炎が、主な種類です。クローン病の初期症状で多いのは、慢性の下痢(出血を伴います)、けいれん性の腹痛、食欲不振、体重減少、発熱です。これらの症状が、数日間から数週間継続します。治療しなくても治まりますが、生涯を通して不規則な間隔で再発します。

潰瘍性大腸炎も同様に再発をします。突然重症の発作が起こり、激しい下痢、腹痛、腹膜炎、高熱を起こすことがあります。

どちらも合併症があり、胃腸症状の再発がない時期でも、脊椎に炎症が生じて強直性脊椎炎になったり、股関節の炎症(仙腸骨炎)や、眼の内部の炎症(ぶどう膜炎)を起こしたりします。この合併症の中の、強直性脊椎炎が背部痛を生じさせることがあります。